囲碁ときどき釣り

主に「囲碁」と「海釣り」の情報 管理人は入門書を読んだ程度の初心者なので、上手な人には疑問なことがあるかも? ただ初心者には有益なはず…

絶対安全な目が2つ以上ある地は安全 @囲碁

f:id:tokite:20170623111214j:plain

囲碁には「石を置いてはいけない場所」がある。

 

その場所を一般的には「目」という。

 

そこが2つ以上あると、どこにも置けない(=囲めない)となるので何があっても安全な陣地になる。

 

基本的に攻める場合は目を作らせないように、守る場合は目を作るように動く。

 

 

 f:id:tokite:20170623120744j:plain

 初心者が間違えやすいのが例えばコレ。

 

一見すると目が2つあるように見えるが、上の目は「目になっていない」。

 

 よって「全体が」死んでいる。(一般的には欠け目と言われる)

 

 見落としが多くなりがちな最初のうちは、欠け目に大注意。

 

 

 

 

このサイトについて

基礎の基礎知識(入門書程度)は前提として解説しています

 

13路盤の早碁がメインですが、どの碁盤でも応用できるように記しています。

 

囲碁エスト 13路盤 2017年 レート1100~1200

 

リンク・引用自由

url http://igo.hatenablog.jp/

rss http://igo.hatenablog.jp/feed

荒らしを狙うなら早い段階で @囲碁

早めに荒らす(または準備)をしないと守る体制が出来上がっていて、荒らす余地が無くなるため。

 

守りが好きな人、攻めが好きな人がいるが、最初のうちはそこまで考えなくて良いと思われる。。

 

 

荒らす・打ち込みの場合は安全だと見通してから @囲碁

浮いた石は当然相手も狙ってくる。

 

19路盤

13路盤

9路盤

とあるが、盤が小さいほど目が作りにくい(安全にしにくい)ため、この傾向が強いと思われる。

 

 

1つの石に複数の狙いを持たせる @囲碁

1つの狙いしか無いと、そこを潰されたら無駄な1手(≒相手に1手与える)となるため。

 

狙いが明確で、効果もわかりきっている場合はあまり必要ないが、相手に攻め入る時などに使える。

AIと人間の違い @囲碁

AI囲碁は「どんな場面でも」(中途半端に見えても)全体の得になるところへ優先する。

 

人間はひとつの場所に集中しやすい傾向がある。

 

高段者はAIと同じ傾向があるので、一つの場所だけではなく全体的に判断したほうが棋力が上がると思われる。

できるだけ大きな地とつなぐ @囲碁

2目あれば安全になる。

 

そして目を作るなら基本的に石が4つ必要になる。

 

地を作ろうとするよりも地と繋いだほうが手が少なく済む。

 

これは筆者が13路盤を主にしていることが理由だと思われる。

 

狭いと地が作りにくい(妨害されやすい)ため。